猪熊博之流米水津チャレンジカップ攻略法

米水津の概況

朝晩が涼しくなったとはいえ、米水津の海の中はまだ真夏で本命のクロ、オナガを釣り上げるには厳しい状況が続いている(9月11日現在)。
大問題なのが、クロやオナガよりも活発なイスズミ。
このイスズミを避けることを大優先にして、クロやオナガにアプローチするのがよいでしょう。

夜釣り、潮通しのよい場所

一発大物を狙うのであれば、夜釣りがよいでしょう。
大物狙いで人気の沖黒島は、日中こそイスズミだらけでどうしようもない状況ですが、夜であれば一発勝負を狙えます。

とはいえ、ほとんどの方が日中釣りを楽しむと思います。
日中であれば、潮通しが良く水深のある、沖の黒島やキナル、ヒラセ、半島周りであればカイドク一帯、カツアジロ。また当番瀬のサズリが狙い場です。
水温が高いときほど、クロやオナガは流れのあるポイントを好むので。
タナについては意外に、海水温が高い時期はタナが竿1本半〜2本の深い場合がよくあります。深場ほど、海水温が低く安定しているからでしょう。
ただし、クロは獲れてもオナガを獲る確率は下がりますが…。

夜はボイルと特鮮むきエビ、日中はくわせオキアミスーパーハード、くわせオキアミVパックなど

夜釣りはボイルと特鮮むきエビ。
「グレにこれだ」(マルキユー)に浸けたり、「活性起爆剤・グレ」(マルキユー)にまぶしたり、魚の食い気を誘発させる工夫を凝らしたいですね。

日中は「くわせオキアミスーパーハード」や「くわせオキアミVパック」(マルキユー)。
エサ持ちがよく、クロやオナガの食い込みがよいのが魅力。
ボイルだと若干固すぎて、日中のクロやオナガには合わない傾向がある。

あと、配合エサをまぶした「くわせオキアミスーパーハード」(マルキユー)や、マキエの中の潰れたオキアミをローテーションに加えることを覚えておきたい。
一瞬にしてエサ取りにやられることがほとんどですが、時々、ドハマリすることもありますよ。

9月の米水津(日中)、猪熊さんの配合例

グレパワーV9スペシャル
グレパワーV10スペシャル
遠投ふかせTR
グレの道
浅ダナグレ遠投
沖アミ5枚
※配合エサは各1袋

配合の狙いは、パン粉系の軽い粒子の成分を多くすることで、長い時間マキエを縦に広げたいから。
縦に広げたい理由は、手前の流れと沖の流れの違いによって仕掛けがズレるので、マキエの縦の幅でそれをリカバリーするため。
白系の配合エサを多くすることで、視認性を上げる。

9月の米水津、猪熊さんの仕掛け例

 

ロッド:がま磯 マスターモデルⅡ 口太 MH 5.3m
がま磯 マスターモデルⅡ 尾長 MH 5.3m

リール:シマノ BB-Xテクニウム 2500DXG S LEFT

ライン:TORAY 銀鱗 スーパーストロングネオ 1.75号

ハリス:TORAY トヨフロン スーパーL・EXハイパー 1.5〜2号 3〜4ヒロ

ウキ:釣研 エイジアマスターピース 01
or 釣研 エイジア G4(ウキ止め使用)

釣研 潮受けウキゴム イエロー M

ハリ:がまかつ A1 TKO 6号(オナガ)
or がまかつ 掛りすぎ口太 3〜5号